【移動ログ】グーグルマップタイムラインが便利すぎる【GPSロガー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも、あやせです。
みなさん「グーグルマップ・タイムライン」というサービスをご存知でしょうか?

「グーグルマップ・タイムライン」とは、自分の行動を記録できる「グーグルマップ」
機能の1つです。通常だとこれがオフになっているので記録されていません。

グーグルマップ・タイムラインが便利な3つの理由

自分が、いつどこに行ったか記録できる

旅行などに行った際に思い出の1つとして記録することができます。

いい感じのお店を見つけたけどどこで見たのかわからない」という時にも
ログが残っているので日付さえわかれば簡単に探し出すことが出来ます。

また、「歩き」、「バス」、「電車」など自動的に分類してれるので自分が
何キロ歩いたかなどが確認できます。

バッテリーの消費がそんなに大きくない

GPSロガー=常時起動している=バッテリーの消費が大きそうという考えの人が多いと
思いますが、天下のグーグル様が作ったアプリだけあって「グーグルマップ・タイムライン」を使う前と今(使っている間)のバッテリーの消費の速さは、気になるほど変わりません。

これは、過去7間のiphoneでのバッテリーの使用状況ですが、「Google map」は、
わずか1%に過ぎないことがわかります。(Youtube見すぎだろ)

GoogleMapと連携しているので便利

「GoogleMap」と連携しているので視覚的にもどこに行ったかわかりやすいです。
客観的に自分の行動を見ることができるので自分が最適だと思っていた動きでもいかに
無駄な動きをしていたかということを実感することができます。

このように視覚的に見ることができます。

【iOS】タイムラインを有効化するためのGoogleMapの設定

まず「設定」を開きます。次に「プライバシー」を開きます。

次に「プライバシー」の一番上の「位置情報サービス」を開きます。

「位置情報サービス」がオンになっていることと「Google Map」「常に許可」
なっていることを確認します。もしなっていなかったらオンにしてください。

これでiPhoneの設定は終了です。次は、「Google Map」の設定になります。

左上のメニューのマークを押してサイドメニューを表示させます。

サイドメニューから「設定」を開きます。

「設定」の1番上にある「個人的なコンテンツ」を開きます。

先ほど設定したので「位置情報サービス」はオンになっていると思います。
もしなっていなかったら、オンにしてください。

次にその下の「ロケーション履歴の設定」を開きます。

「ロケーション履歴」「端末」の両方をオンにします。

これで設定は終了です。

まとめ

非常に便利な機能が無料で使えるので是非皆さまも使ってみてください。
なお、定期的にメールが来るので悪用はできませんのでご注意ください。

特に私は上のグラフで表示される機能を気に入っています。
客観的に自分の行動を見ることによって新たな発見があるはず!

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告