お金を増やすということを世界一簡単に説明する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは。あやせです。

お金を増やすにはどうしたら良いと思いますか?

  1. 働く
  2. 運用する
  3. 盗む、作る

現在、日本においてお金を増やす方法は、ほぼ上記の3つに絞られてくると思います。

1の働くという方法は大半の方がやられているものだと思います。

3は、犯罪なので論外としておきます。

運用するという選択

「運用」というキーワードで大半の人が想像するのは

「大変そう。」「面倒くさそう。」だと思います。

ちょっと、まって奥さん。

運用って実は簡単というか、もう皆さんやっているのです。

それは、「貯金」です。「貯金」だって立派な資産運用です。

しかし、貯金ではお金は増えません。それどころか、セブンのATM使ったら

手数料でお金が減ります。これは、どうしてなのか?

それは、運用で貰えるお金が少ないからです。

貰えるお金を「利子」と呼びます。

それを数字で表したものが「金利」です。

「金利」は、通常、1年間あたりの割合で表します。

それを「年利」と呼びます。

例えば、今、10000円持っていて1ヶ月に1度100円貰えたら

12×100=1200円

利子は、1200円 年利12%となります。

運用には2種類ある。

  • 1つは定期預金などほぼ元本保証されているもの。
  • もう1つは、アパート経営とか株とか元本保証されてないもの。

「元本」とは、「元になる財産」である。「今日から100万円で運用するぞ!」の

「100万円」のことである。

「元本保証なし」というのは、100万円が減ってしまう可能があるということである。

前者の特徴としてほぼ元本保証されているものは、利回り(年利)が低いということがあります。

例えば定期預金ならば、最大で年利0.3%がいいとこです。

これは、100万円預けたら年間で3000円しか増えません。

一応、日銀はインフレターゲットを2%としていますので、本来ならば102万円にならないとおかしいわけです。(あくまで例です。)

話を戻して3000円では、2回ぐらいご飯に行ったら消えてしまいます。これでは話にならない!

ってことで、後者の元本保証されてないものに目を向けるとトルコリラ建て債権などは、年利8%も利回りがあります。来年には8万円もお金がふえています。家族で国内旅行に行けそうですね。

ところが、

そんなに上手い話はないのです。

元本保証されてないと言った通り、トルコリラ建て債権の例ならば、トルコリラが暴落すれば年利で受け取るはずであった8万円はおろか100万円もなくなってしまう可能性だってあるのです。(厳密には0円にはならないと思うが)

実際にここ3年でトルコリラは、1トルコリラあたり50円から30円がまで下落しています。

つまり、3年前に同じ商品を買っていた場合、

元本は、約60万円になってしまっているのです。

お金を増やすどころか、減らしてんじゃん!

世の中そんなに簡単じゃないみたいです。

しかし、まだ落胆するのは早い!

もし、トルコリラが50円から100円になっていたら、元本は200万円になっていたのです。

一応、夢はある!!

まとめ

お金を増やす方法には、「運用」するしかない。

それも2種類あり、「元本保証なし」だとお金を減らしてしまう可能がある。

それでも元本保証なしの投資じゃないと貧乏人がお金を増やすのは、ほぼ無理です。

そうだ。運用しよう。

運用編へ

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告