パチンコ屋のバイトって大変なのか?元アルバイトが語る裏話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あやせ
どうも、パチコン店3店舗で計2年半バイトしていた、あやせです。

ぶっちゃけ皆さんのパチンコ・パチンコ屋に対するイメージというものは、あまり良くないと思います。実際に私が友達などにパチンコ屋でアルバイトしていると伝えるとあまり良い顔をされませんでした。

これまで私は、ラーメン屋、居酒屋2店舗、工場、ヤマザキパンと数々のアルバイトを
してきました。
それらと比較して「パチンコ屋でのアルバイトというものがどういうものなのか」、「パチンコ屋の謎」についても答えていきたいと思います。

パチンコ屋でバイトしようと思った理由

「そもそもなんで私がパチンコ屋でバイトしようと思ったのか。」
それは単純にお金がほしかったからです。私が住んでいた地方では最低賃金は
700円台でした。

しかし、大学生になったし、色々なことがしたかったのでコストパフォーマンスが
1番良かったパチンコ屋にしました。多くの友達が800円前半の時給であったのに対して
私は、1200円スタートで22時以降は1500円という恐ろしい時給を貰っていました。

深夜の割増などを一切考えずにグラフにしたものが以下になります。

職種 時給 勤務時間 月収
コンビニ 750円 100時間 75000円
パチンコ屋 1200円 100時間 120000円

同じ時間働いても時給で450円違うので1ヶ月でこんなにも差が出来てしまいます。
私が住んでいた田舎では4万5千円も多く貰っていたら十分家賃が払えてしまいます。

それなので、そこらへんの大学生よりは良い暮らしをしていたと思います。

私と同じようにバイトしていた方の1番の理由が「時給が高いから」でした。
意外とパチンコが大好きだからという方は少なかった印象です。

結局、パチンコ屋のアルバイトって大変なのか

私が数々のアルバイトをしてきた中でパチンコ屋のアルバイトは、イメージほど
大変ではありません。もちろん、場所にもよりますが、3店舗経験してきて
どれも大変だったというイメージはありません。

休憩はちゃんとあるし(飲食だと忙しい時はない場合も多い)、残業代もちゃんと出ます。
大変というイメージだけが先行していて人が集まらないから時給が高いのかなと思います。

またパチンコ屋の忙しい土日も結局は、お客様を相手にするのは機械であるパチンコ台なので
アルバイトスタッフが最悪いなくてもどうにかなってしまうのが現状です。

パチンコ屋のアルバイトで大変だったこと

総合的にみてパチンコ屋のアルバイトは楽でした。
しかし、どの仕事でもそうですが、パチンコ屋のバイトにも大変な部分はあります。
次は、それをまとめたいと思います。

玉運びがあるところは辛い

パチンコ屋での一番の重労働がお客様が大当たりして出した玉を計数機とよばれる玉を数える
機械まで運んで何玉あるか計算することです。玉をこぼさないように緊張するのと同時に
玉が入っている箱とよばれるケースが意外と重かったりします。

しかし、最近のパチンコ屋は各台計数システムというケースを使わないで出た玉を
カードに記憶するシステムが主流になっていますので、箱を使う店舗は少なくなってきています。もし、あなたがパチンコ屋でバイトしたいのなら玉運びがないところをお勧めします。

タバコ臭くなる

お客様のほとんどがタバコを吸うので制服は、もちろんこと髪の毛までタバコ臭くなります。
私はタバコを吸わないのですが、タバコの臭いは嫌いでなかったので勤めることができましたが、タバコの臭いが嫌いな人は、地獄のような空間だと思います。

分煙・禁煙が進む中でパチンコ屋だけは禁煙にならないのは、いかにタバコとパチンコという
ものが深いかかわりにあるかが、伺えます。

うるさいお客様がいる

パチンコ屋でお客様との会話の半分くらいは、「今日は出ない」、「いくら負けた」という
クレームような話だったりします。

しかし、正直、パチンコ屋に来る方はだいたい負けますし、われわれには、その負けをどうすることも出来ませんので大抵の場合は、同意したり謝罪すれば何とかなります。

極稀にイチャモンをつけてくるお客様もいますが、そのようなときには社員などを呼んで
対応してもらうので大丈夫です。

パチンコ屋の店内がうるさい

今度は、お客様ではなく、店内がうるさいということです。
耳栓をしてパチンコ屋を打つお客様もいらっしゃるぐらいパチンコ屋の店内はうるさいです。

初めてパチンコ屋に入る人は、そのうるささにびっくりするでしょう。ライブ会場並に
うるさいです。

店内はめちゃくちゃうるさいので、正直、お客様の会話の半分くらいは聞き取れないこともあります。過去に私は、お客様が「カフェオレをください。」と言っているのに「アブラをください」という聞き間違えをしたのが一番酷い聞き間違えでした。

パチンコ屋のバイトでした失敗集

どのバイトでも失敗はすることはあると思いますが、パチンコは、現金と密接に結びつくので
失敗というものが特にナーバスな部分です。その中で私がした失敗を紹介します。

お客様のメダルを間違えて計数してしまった

これは、業界用語で「混ぜ込み」というもので、例えば、お客様Aのメダルと
お客様Bのメダルを一緒に流してしまうということです。

メダル=20円の現金なので混ぜ込まれてしまったお客様には、怒られると思ったのですが、
意外と優しい方で何十枚かメダルを保証して事なきを得ました。本当に運がよかったです。

パチンコ台を壊した

お客様に呼ばれて行くとパチンコの盤面に玉が引っかかっていました。
通常だと、それを取り除いて終了なのですが、取り除いている最中に台の一部を破壊してしましました。

もちろん、その後は、お客様が遊戯を続けることができないので店長と謝って
許して貰えました。パチンコ台は一台、約50万円もする高価なものなのでいくら請求されるのかビクビクしていましたが、給料から天引もされませんでしたし、請求もされなかったのでほっとしたのを覚えています。

パチンコ屋の謎について答えます

違法なのか合法なのか非常にグレーゾーンのパチンコ業界。きっと行ったことない人には
謎だらけのスポットでしょうし、行ったことある人でも謎のスポットでしょう。
そこで次は、パチンコ業界の謎について答えます。

遠隔操作はあるのか。

パチンコといえば遠隔操作の話が一番最初に来ると思います。
結論から言うとありません。断言できる理由は、ある必要がないからです。

パチンコは機械ですので非常に正確に動きます。それなので設定と呼ばれる当たり確率を
変えるものを変更すればパチンコ屋は、利益を確実に確保することができますし
お客様に還元したい時は、利益を放出することも自由自在にできます。
それなので遠隔操作してまで出したりする必要はありません。

しかし、火の無い所に煙は立たたないように過去には遠隔操作したいたパチンコ屋も
実在したみたいですが、それは昔の話で現在するメリットは1つもないので
現在は、もうないと思って大丈夫です。

北朝鮮・韓国と繋がっているのか

こればっかりは、私にもわかりません。私がアルバイトした3店舗の社長は日本人名でしたが、もしかしたら北朝鮮と繋がっているかもしれません。

しかし、業界大手のパチンコ屋の社長には、通名を使っていない方もいるので
一部のパチンコ屋では、北朝鮮・韓国と繋がっているのも事実のようです。

今回は、以上です。もし質問などありましたら、コメントをくださると嬉しいです。
現役の店長やメーカーの人の知り合いもいますので、基本的には何でも答えられると思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告