ブログの内容はInformationじゃなくてWisdom

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも、こんにちは。あやせです。

留学先で英語の授業でインターネットの話になり

それからインターネットというものは、何なのかという話になりました。

そこで話題になったのが、インターネットは、「information」なのか「wisdom」なのかという

ことです。英語に馴染みのない方のために英英辞典を引きますと

  • information : facts or details about somebody/something
  • wisdom : the ability to make sensible decisions and give good advice because of the experience and knowledge that you have
  • 引用元リンク:Oxford Learners Dictionaries

つまり、簡単に言うと「Information」は、「ただの情報」で「Wisdom」が「蓄積された情報」という

ことになります。どちらも日本語にすると情報ということには変わりありません。

しかし、両者には、大きな違いがあります。

残念ながら、我々がグーグルなどで手に入れることができるものの大半は、

前者、つまり「information」の方の情報になります。確かにそちらのほうが作成するには楽です。

ユーザーの心に残るかと言ったら、多分、残らないでしょう。

代表的な例がグーグルだと思います。グーグルは情報の塊ではありますが、心に残るかと言ったら

そうではありません。(その為、季節によってロゴを変えたりしているだと思います。)

グーグルほど大きなサイトになればそれでも良いのでしょう。

しかし、私達のような小さなブロガーには、後者の「Wisdom」の情報を書いていかないと

いけないと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告