ママチャリで日本1周の旅1日目【高崎~三国峠】坂との戦い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも、あやせです。ついにママチャリで日本1周の旅をはじました。
1日目の目標は高崎市から新潟県です。100kmあまりです。

順調に進んで3時間後の9時には沼田市到着しました!!
ここまでの距離40km。

このままいけば100kmも余裕と思っていたら・・・

だんだんと山が近くなってきました。それにつれて坂も多くなってくる・・・
沼田、みなかみの川沿いを通過していくと、一昨年やった「ラフティング」を思い出してきました。

本当に楽しいので皆さまも是非、やってみてください。
今度は「ラフティング」で日本一周しようかな・・・

みなかみの途中で今後、コンビニがなくなることが懸念されたのでご飯にすることにしました。

今日のランチは、ファミリーマートの「ホイップクリームクロワッサン」と「サラダチキンのタンドリーチキン味」と「コーラ」です。

個人的には、「サラダチキン」はあんまり好きではなかったのですが、お腹がすいていたのと運動しているしタンパク質を取ろうということで買いました。

食べてみるとこれがめちゃくちゃおいしい。完全に「サラダチキン中毒」になりました。
日本1周中に全てのコンビニの「サラダチキン」を制覇したいです。

ランチも済んだし、気分上々で進んでいると、ラスボス標高1043m「三国峠」が登場。

画像を撮り忘れるほど「三国峠」はきつかったので、簡単に「三国峠」について説明しますと

三国峠(みくにとうげ)は、日本の新潟県南魚沼郡湯沢町・群馬県利根郡みなかみ町の境(上越国境)を越える峠である。

古くは越後と江戸を最短距離で結ぶ三国街道の一部として整備されていたが、冬期の積雪、雪崩、夏場の集中豪雨による土砂災害など難所であった。昭和になり、国道17号(三国トンネル)の開通により物流の大動脈となるが、その後の関越自動車道の開通により交通量は減少した。ただし、燃料や一部の薬品などの危険物を搭載した車輌は関越トンネルの通行が禁止されているため、現在でもこの峠を経由している。バブル景気のころには、月夜野ICから苗場スキー場に向けてスキーヤーの車で大渋滞した。現在、三国トンネルの老朽化などに伴って新三国トンネルの建設が計画されている。

引用元:Wikipedia

です。また以下の動画を見ていただけると、「三国峠」の恐ろしさを理解できます。

「三国峠」を上り続けて、はや4時間。一向に終わる気配がありません。

坂の数が55個あるそうなので上りも下りも入れてだろうと思っていたらなんと、上りだけの数だけだった模様。

50個目ぐらいでリタイアして野宿しました。おやすみなさい。

1日目完

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告