ママチャリで日本1周の旅6日目「山形県・道の駅鳥海(遊佐町)」~「秋田県・道の駅あきた港」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも、あやせです。昨晩は「道の駅鳥海」の24時間開いている休憩処で寝ました。
室内だったので快適に朝を迎えることができました。

スタートは今日も朝6時です。キャンピングカーで能登半島を周っていたお父さんとお別れして出発です。

ちょっと内陸にいってしまったので見えなくなっていた海ですが、走り出して数十分後には、また見ることができました。本当に海沿いを走っていると実感しました。

個人的に今日撮った海の写真の中で1番お気に入りが上の写真です。
スタジオジブリの「魔女の宅急便」で主人公のキキが知らない街に降り立つというシーンがあるのですが、そのシーンに似ているのでお気に入りです。

出発してから一時間経たずして秋田県に入りました。あんなにも長かった新潟県と比べると拍子抜けしてしまいますが、とりあえず嬉しいことです。

にかほ市を進んでいると右側に鳥海山が見えてきました。あいにく曇りでしたが、標高は2000m超えなのでとても大きく感じます。ちなみに鳥海山という名前の由来は不明だそうです。「鳥の海なんだから鳥がたくさんいた山なんだろう」と個人的には思いますが

にかほ市を進んでいると左側に可愛らしいカカシ達が見えてきました。
カカシが有名なのでしょうか?

と、ここまでは順調だったのですが、ここからが地獄の始まりでした。

海沿いに出たら風が強い。強風で自転車が漕げないほど強く吹いていた時もあったので大変でした。もう1つ問題がありました。

それは、山形~秋田の7号線の道のアップダウンが激しいことです。

強風だけならまだしも、それに登り坂が加わってはさすがにママチャリでは、進めません。
今回のチャリ旅で2番めにキツイポイントでした。(1位はもちろん、三国峠)

坂を登りつづけて何か気を紛らわすものはないかと思っていると「日本ロケット発祥記念之碑」なるものを見つけました。

逆光であまり読めなかったのですが、東京大学のチームよって、ここらへんの海岸から日本初のロケットが打ち上げられたということらしいです。

なぜ秋田から打ち上げたのかは不明ですが、日本の宇宙開発の幕開けとも呼べるスゴイ土地が秋田にあったことに驚きです。

そういえば先ほどから秋田市に入ってます。強風で風力発電は絶好調でした。

午後1時半頃、秋田駅に到着しました。駅前にはたくさんの人がいて少々驚きました(秋田県民の皆さますみません。)

とくにやることもないので駅周辺をブラブラした後、遅めの昼ごはんと動画編集を終えて午後5時頃、最終目的地の「道の駅あきた港」に着きました。

「道の駅あきた港」は、今まで行った道の駅では一番大きく、夜9時までやっている無料展望台があるので現在、ブログを書いている7時でも賑やかです。

静かな道の駅を求めている方には向かないかもしれません。しかし、大きさと展望台からの眺めは必見ですので一度訪れてみるといいかもしれません。

本日の走行距離は86km
合計で484km

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告

コメント

  1. 諸橋 晃 より:

    先日、NHKで「ぐっさんの日本国道トラック旅~5号線函館~札幌283Km」を見ましたが雄大な景色ですね。旅も13泊目になるのでしょうか。体力・精神力・緻密な計算が功をそうしているのですね。今日は選挙と台風のニュ-スでいっぱいの日です。明日北海道は、雪が降るそうですが、十分御注意して安全な旅をお続けください。

    • あやせ より:

      諸橋さん、返信遅れてしまい申し訳ありません。
      はい!北海道は本州と違い自然で溢れていました。道もまっすぐで進みやすかったです。是非、諸橋さんにも車で北海道に来ていただきたいです!