ママチャリで日本1周の旅18日目「宮城県大河原町」~「福島県矢吹町」-雨のち晴れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おはようございます。本日は、昨日と打って変わって晴れております。朝には虹も見ることができました。

しかし、本日の目的地である福島県の天気を見てみると午前中は雨の予報なので降らないといいのですが、どうなるでしょうか。

出発して4号線を進み続けていると虹の全体?を見ることができました。
虹ってこんなにもきれいなんですね。普段、室内で生活していると虹をまじまじと見ることがないので新鮮な感じがします。

ここで疑問になるのが「虹の根元」はどうなっているのか。皆さん、虹に根本があると思いますか。色々と調べてみると虹に根本は存在しないそうです。

地上で見ると半円形に見えていますが、飛行機で見ると円形に見えることもあるそうです。

出発してから2時間後、「東京まで300km」の看板を見つけました。

そして出発してから3時間後、福島県に入りました。同時に天候も悪くなってきました。

雨が強くってきたので「道の駅 国見」に避難しました。「道の駅 国見」も今年(2017年)にオープンした道の駅です。宿泊施設も完備した道の駅らしいです。

一昨日、立ち寄った「道の駅 平泉」と同様に新しいためか非常に居心地が良かったです。

道の駅内に地図があったので見てみると、一昨日いた平泉から、そんなに距離が離れていないことがわかります。黄色のような山越えが可能なら恐らく1日で平泉から国見まで来ることが可能であったでしょう。

こう見ると日本は本当に山が多いですね。日本の国土の約60%が山地らしいので自転車を乗るのには向いていない国なのかも知れません。

さて、「道の駅 国見」で待つこと3時間、やっと雨が上がりました。
遅れた分を取り戻すため急いで南下します。

蔵王連峰が雲に隠れてはいますが、綺麗に見えます。

昨日も見た「阿武隈川」も見ることができました。それと同時にいつの間にか「福島市」に入っていたようです。

これで山形市以外の東北の県庁所在地を通過することができました。

途中で小雨に降られながらも出発してから8時間後、「道の駅 安達」に到着しました。
「道の駅 安達」は高速道路のPAのように上りと下りの両方にあります。

今回は、下りの「道の駅 安達」に寄ったのですが、上りの道の駅も同じ作りとなっているのでしょうか。少し気になります。

また、先ほどの「道の駅 国見」と同様に「道の駅 安達」でも道の駅に併設してコンビニがありました。道の駅にコンビニがあると本当に便利ですね。

そして日が暮れたころ「郡山市」に入りました。

このあと、野宿できそうなところを探して矢吹町で寝ました。

本日の走行距離は111km
合計で1681km

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告