ママチャリで日本1周の旅22日目「神奈川県・小田原」~「静岡県・道の駅 宇津ノ谷」-箱根の山越え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

改めて、おはようございます。本日は、6時起床の6時半出発です。
久しぶりに高い峠を超えるので安全運転で頑張りたいです。

そういえば昨晩は、小田原駅前にて本日の峠越えのためのエネルギーを蓄えるべく家系ラーメンを頂きました。久しぶりにおいしいラーメンを食べました。

さて、出発してから少しすると「石垣山一夜城」という看板が見えてきました。
「一夜城」とは、一体何なのでしょうか。以前、どこかで一夜にして城を作ったかのように見せた城があるということは、聞いていましたが、まさか、これがそれなのでしょうか。

詳しく調べてみると

豊臣秀吉が1590年(天正18年)の小田原征伐の際に小田原城の西3kmにある笠懸山の山頂に構築した。小田原城から見えないように築き、完成後に周囲の木を伐採したため、北条氏側に一夜にして築城されたかのように見せて驚かせ、戦闘意欲を失わせる効果を果たした、といわれる(一夜城の名もそれに由来する)。

引用:石垣山城

やはり、そうでした。この「石垣山城」の他にも全国には「一夜城」は複数存在するそうです。

もう少し走ると「箱根町」に入りました。同時に少し上り坂になってきました。


上り坂を登っていると「箱根湯本駅」が見えてきました。「箱根湯本駅」ってこんなにも標高の低いところにあったんですね。

自分のイメージだと、もっと高いところにある気がしました。

「箱根湯本駅」を過ぎると、ついに峠道に突入です。
ママチャリだと漕げないような場所も多々ありました。

峠をのぼること2時間、「小涌谷」に着きました。
箱根の山道は、小田原側からのぼり始めると、色々な温泉街?を通ることができて気分を紛らわすことができます。

また、コンビニも数キロおきには、必ずあるのでのぼりやすいと言えば、のぼりやすいです。

「小涌谷」を過ぎて、また山道に入りました。

出発から3時間後、ついに国道1号線の最高標高地点にたどりつきました。本当に長かったです。


それから少し下り、「芦ノ湖」に着きました。「芦ノ湖」では外国人観光客がたくさんいました。そういえば、先日行った「洞爺湖」や「支笏湖」にも外国人観光客がたくさんいましたが、日本の観光といえば湖なんでしょうか。謎です。

「芦ノ湖」を過ぎると、また上りになりました。ここを上っていくと「道の駅 箱根峠」にたどりつきました。道の駅では、「箱根山」と「芦ノ湖」が晴れていれば綺麗に見えるらしいのですが、今日は生憎の曇りでした。

道の駅を過ぎて峠を登りきると、ついに「静岡県」に入りました。関東脱出です。(地味にここの標高もなかなか高かったです。)

上りが終了して天国の下りゾーンです。一気に下り「三島市」に入りました。

「三島市」も順調に過ぎて出発から4時間後、「富士市」に入りました。「富士市」に入ると、ついに「富士山」を見ることができました。

「富士山」には、まだ雪が積もっていないみたいです。

国道1号線を進み続け「静岡市」に入ると、突如、「自転車の通行禁止」の看板が出てきました。一般道で自転車が走れない道を予期していなかったので、あたふたしましたが、海岸沿いを通れば、国道1号線に合流できることがわかったので、海岸沿いを通っていきます。

海岸沿いを通っていると、「太平洋」と「富士山」の夢のコラボが実現しました。これで雪が積もっていれば、もっと綺麗だったでしょう。

その後は、特になにもなく、無事に出発から10時間後、「静岡駅」に着きました。

「静岡駅」では徳川家康が出迎えてくれました。ありがとうございます。

静岡駅を過ぎて、少し走り本日の目的地の「道の駅 宇津ノ谷」に着きました。

本日の走行距離:92km
合計:2085km
パンクした回数:5回

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告

コメント

  1. 匿名 より:

    小田原らへんでバイクに乗ってる二人組で声をかけたものです!カイといいますツイッターフォローさせていただきました!
    これからも気をつけて旅を続けてください!応援してます!

    • あやせ より:

      初めまして!先日は、声援ありがとうございました。Twitterのフォローもありがとうございます。これからも頑張りますのでどうぞ宜しくお願いします。