ママチャリで日本1周の旅23日目「静岡県・道の駅 宇津ノ谷」~「静岡県・道の駅 潮見坂」-大井川を超えるも茶畑で迷子に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おはようございます。本日は、寝過ごして6時、起床の6時半に出発しようと思っていると、四国まで行くというお父さんと話し込んでしまい7時になってしまいました。

自転車旅の1番の魅力は、色々な方とお話できることですね!毎日多くの方とお話させていただき、楽しい日々を過ごすことができています。

宇津ノ谷峠のトンネルを超えたら・・・

「宇津ノ谷峠」のトンネルを超えると、また「自転車通行禁止区間」になったので仕方なく旧道に入りました。本当に国道1号線は、チャリダー泣かせの道路ですね。

旧道に入ってすぐに東海道で21個目の宿場の「岡部宿」に着きました。東海道の宿場は53個だったらしいので、もう少しで半分です。

ちなみに53個の宿場のうち静岡に22個あるそうなので静岡の大きさを思い知ります。

東海道の難所 大井川を超えるも茶畑で迷子に

出発してから2時間後、ついに東海道の難所の1つの「大井川」を渡りました。
現在は、橋が掛かっているので楽に渡ることができますが、江戸時代は、橋や渡し船すらなかったと聞きます。

この大きな川を徒歩で渡るとなるとどんなに大変だったことか。現代に生まれて本当によかったなと思いました。

大井川を渡ると、上り坂になってきました。あまりにも急なので地図で確認すると、やはり道を間違えたことがわかりました。しかし、旧国道1号に戻るには、茶畑を通らないといけないようです。

角度が60度くらいありそうな坂道をママチャリを押して上ること1時間。
茶畑で完全に迷子になりました。グーグル・マップで通れるはずの道が通れなかったりと齷齪(あくせく)していると、たまたまいた農家の方が道を教えて下さいました。

茶畑で迷子にはなりましたが、いい景色が見れたので良かったです。

それにしても茶畑って、こんなにも急な角度の山にあるんですね。収穫するのが大変そうです。

天竜川を越えて浜松市に

色々ありましたが、「ジュビロ磐田」で有名な「磐田市」をすぎると遠くに「浜松市」のビルが見えてきました。

そして「天竜川」を超えると「浜松市」に入りました。昨日の箱根峠超えと今日の茶畑事件で疲労困憊だったので、「浜松ギョーザ」を食べに行くことにしました。

「浜松駅」に到着し、近くの餃子屋さんを探すと「むつぎく」というお店を発見。
そこで、遅めのお昼ごはんにすることに。

「浜松餃子」を初めて食べましたが、具材が細かく切り刻まれており、美味しかったです。

疲労困憊で本日終了

本当であれば「岡崎市」まで行くはずだったんですが、昨日と今日で疲れが溜まってきたので本日は、予定を変更し「道の駅 潮見坂」で休むことにしました。

さすがに昨日の峠越えが響いてきたみたいです。

本日の走行距離:94km
合計:2179km
パンクした回数:5回

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告