ママチャリで日本1周の旅31日目「徳島県 道の駅 第九の里」~「高知県 道の駅キラメッセ室戸」-室戸岬を超えて-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おはようございます。昨晩は「道の駅 第九の里」で休みました。小さい道の駅だけあってトラックが来なかったので快適に眠ることができました。

5時半起床の6時半出発です。最近は日が昇るのが遅くなってきたので出発するのが遅くなりがちになってしまいます。とうとう冬の到来でしょうか。

走りだしてすぐにまた海が見えてきました。対岸は先日までいた和歌山市のようです。この海は瀬戸内海なんでしょうか?それとも太平洋なのでしょうか。非常に微妙な位置にある海です。

走りだして30分後、「徳島市」に入りました。「徳島城」は、他の四国の3県の城と違い、石垣しか残っていませんでした。

徳島市の街中を通り過ぎると面白い看板に出会いました。さすが遍路が有名な四国です。

歩道がない道にもこのように緑の線が引かれていて、お遍路さんが歩きやすいようになっています。これのお陰で自転車も走りやすかったです。

四国の道は北海道の道と似ていて道がまっすぐで信号がなく車通りも多くないので本当に自転車向きの場所だと思います。

走りだして5時間後、四国第23番で徳島県最後の札所である「薬王寺」につきました。
休憩がてら参拝してくることにしました。といっても、まだまだ先は長いので超高速参拝をしてきました。所要時間3分。お騒がせしました。

薬王寺を過ぎて、また自然の多い場所になってきました。四国は、いい感じに「自然」と「都市」が交じり合っている感じがします。

ちょっとした丘を越えると太平洋が見えてきました。どこまでも果てしなく広がっております笑

なかなかきれいに撮れた1枚。四国は全部がきれいです。

そして走りだして7時間後、「高知県」に入りました。

高知県に入って少し走っていると「コスモス畑」が見えてきました。高知はコスモスで有名なのでしょうか。一面、コスモスで綺麗でした。

走りだして9時間後、四国の南端の「室戸岬」につきました。

そして「室戸岬」から沈む夕日を見ます。先日は新潟の日本海へ沈む夕日を見たのですが、今度は太平洋を沈む夕日を見ています。なんだか不思議な感じが多少します。

本日の走行距離:141km
合計:2774km
パンクした回数:7回

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告