ママチャリで日本1周の旅34日目「愛媛県松山市」~「愛媛県今治市 見近島キャンプ場」-無人島でキャンプ!-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おはようございます。本日は、朝方雨が降っていたので雨が止んだ9時頃スタートです。

出発する前にロッテリアで朝食をいただきました。お値段は350円なり。
旅をしていると普段、食べれないものが食べることができるので楽しいです。

少し走ると面白い看板を見つけました。「地下空間をお貸しします。スケルトン状態です。」ってなんなんでしょうか。少し気になります。

そういえば松山市にも路面電車が走っていました。路面電車がある日常ってなんだかいいですね。私の地元の栃木・宇都宮市にも路面電車が走る計画があるみたいなので楽しみです。

走りだして1時間後、市街地を抜けて松山市と今治市を結ぶ道路に出ました。

少し走ると瀬戸内海が見えてきました。瀬戸内海沿いにでると風が強かったです。あとで確認するとこの日は、「強風警報」が出ていました。

瀬戸内海沿いの排水溝?を覗くと、なんと鉄板一枚だけでした。東京タワーにも地面がガラス張りの場所がありましたが、それぐらい怖かったです笑

走りだして3時間後、四国の最後の市である「今治市」に入りました。今治といえば「今治タオル」というイメージしかなかったのですが、タオルの工場は、どこにも見当たりませんでした。

今治市の端っこまで行き、やっと自転車の「しまなみ海道」の入口が見えてきました。案内板も少なかったので、スマホの地図がなかったら恐らく辿り着けなかったでしょう。
こちらに行かれる方は、よく調べてから行くことをオススメします。

軽い上り坂を上ると、ついに来ました。「しまなみ海道」。遠くまでずっと島と橋が見えます。橋の上にあがると、風が一層強くなりました。幸い横風だったので自転車を漕ぐのには、問題なかったのですが、走っていると右に流されるので自動車の道路に落ちるのではないかと不安でした。

橋の上からの景色は格別でした。瀬戸内海の島々が綺麗です。瀬戸内海ってどれくらいの島があるのでしょうか。かなりの数の島がパッと見ただけでもあります。

そういえば、「しまなみ海道」の料金ですが、現在は歩行者・自転車は「無料」です。平成30年3月31日まで期間限定で無料らしいので行きたい方は、早めに行くことをオススメします。

ちなみに「しまなみ海道」は、橋ごとに料金が取られる仕組みなので、料金所が各所に設置されています。(専ら、係りの人はいないので無人の箱にお金を入れる仕組みですが。)

※画像は、クリックで拡大します。

「しまなみ海道」のあれこれがまとめられていました。それにしても橋の作り方がすごいです。同じように青森~函館間にも橋を作っていただきたい。

休憩なども挟んで出発から6時間後、最初の島である「大島」に到着しました。
そうなんです。「しまなみ海道」は歩行者・自転車・原付は1回1回島に降ろされて島を通過してまた橋に上ると言うシステムなのです。

これがなかなか辛いです。まぁ楽しいといえば楽しいのですが。

大島に到着すると「道の駅 よしうみいきいき館」に寄りました。この道の駅は、BBQが出来たりと本州の道の駅とは一味違う感じでした。

この日が土曜日であったためかわかりませんが、自転車が本当に多かったです。
さすが、サイクリングの聖地です。

道の駅を出て走り続け、途中に峠などもとおり、大島が終わりに近づいてきました。
大島を最短距離で行くと、12kmぐらいでしょうか。高低差もあったので楽しかったです。

そして、もう一度橋に上り、少し走ると本日の目的地の「見近島」という看板が見えてきました。ここは、他の島のように降りることが強制されていない島なのですが、ここで本日は休む予定なので降りました。

「見近島」については、あとで詳しくまとめますが、無人島なのにキャンプ場があるという幾分か変な島です。本日は、そのキャンプ場で寝ます。お疲れ様でした。

本日の走行距離:64km
合計:3018km
パンクした回数:7回

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告