メジャーリーグのチケットをチケットサイト(StubHub)で購入する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回は、メジャーリーグのチケットを購入する方法をまとめました。

そこで私がチケットの購入方法でオススメした「チケットサイトを経由して購入する方法」について今回は更に詳しくまとめたいと思います。

今回利用するサイトは「StubHub」です。

StubHubとは?

「StubHub」(スタブハブ)とはオンラインでコンサートやスポーツ観戦のチケットを購入することができるサイトです。日本で言う「チケットぴあ」みたいな感じですが、「StubHub」はアメリカだけでなくドイツ版やイギリス版、そして日本版もあります。

「StubHub」の利点としてチケットが非常に簡単に購入できるということです。例えば日本の「チケットぴあ」でプロ野球のチケットを購入するときには、会員登録して電話番号登録してと非常に面倒くさいですが、「StubHub」の場合にはFacebookのアカウントを持っていれば、それでログインできて後は見たい試合を決めてクレジットカードで購入するだけです。

また「StubHub」でメジャーリーグのチケットを購入する場合には、スタジアムのマップと席の値段が表示され視覚的に簡単に注文することができます。

日本のStubHubで購入してはいけない

先ほど書いたとおり、「StubHub」には日本語版もあります。そして日本版でもメジャーリーグのチケットを購入することができます。

しかし、日本版の「StubHub」では、本家の「StubHub」よりも値段が高く表示されています。折角、オンラインで安くチケットを購入しようとしているのに高くついては元も子もありません。

これは同じ試合で同じ座席の価格を表示したものです。
左が日本版で右が本家の「StubHub」です。もちろん、本家の「StubHub」には、これに手数料が加算されますので正確には6ドルではないですが、それでも日本版よりも安く購入できます。

実際に購入画面で手数料を含めた価格を見てみたところ9.35USD(約1000円)でしたので本家のほうが400円ぐらい安いです。


実際にStubHubで購入する方法

それでは次に実際に「StubHub」で購入する方法をまとめていきます。
まずは、「StubHub」のサイトにいってください。ここで注意したいのがURLがちゃんと「https://www.stubhub.com/」になっているか確認してください。

先ほども書いたとおり日本版の場合には価格が違ってきますので必ず本家のサイトで購入してください。

確認ができたら検索ボックスにチケットを購入したいチーム名を英語で入力してください。
例えばヤンキースの試合を購入したいなら「New York Yankees」と入力します。

検索したら、そのチームの試合の一覧が表示されたと思います。
ここで見るポイントが①の日付(最短でその日の試合のチケットが購入できます。)
②の対戦カード ③の時間と場所 ④の価格です。

1番重要なのは、③の場所です。間違った場所のチケットを購入してしまうとアメリカは広いのでほぼ見に行くことは不可能です。

見たい試合が決まったらクリックしてください。

クリックすると座席を指定する画面になります。マウスを座席の位置に合わせると価格と
見え方が表示されますので、参考にしてください。

ちなみに外野<内野<バクネット裏の順に価格は高くなっています。

座席も決まったら右側の「座席の位置」と「価格」が書いてある場所をクリックしてください。

そうすると詳細の画面に移りますので再度、日付、座席の場所、価格、枚数が正しいことを確認してください。

確認が終わったら「Go to checkout」をクリックして決済に進みます。

StubHubにログイン

もし、「StubHub」にログインしていない場合には、「Go to checkout」をクリックしたら決済の前に上記のようなログイン画面に移ります。

Facebookのアカウントを持っている方は、「Sign in with Facebook」でログインできます。持っていない方は、一番下の「Sign up」でをクリックしてください。新規会員登録することができます。

「Sign up」をクリックすると「First name」、「Last name」、「メールアドレス」、「パスワード」を入力する場所がありますので、そこを記入し「Sign up」をクリックするだけで新規会員登録が完了です。これでログインできている状態となりました。

無事にログインできたらクレジットカードの番号を入力する画面が出てきます。
クレジットカードの番号を入力し最終確認が終わったら「Buy now」をクリックして決済完了です。

登録しているメールアドレスにメールが送られてくるので確認してみてください。

「StubHub」からのメールには、明細と同時にチケットのURLが記載されています。
チケットを確認する場合には「view and print your tickets」をクリックしてください。

このようにチケットを確認することができます。

アプリストアで「StubHub」のアプリをダウンロードするとモバイルチケットでも入場はできますが、Wifiが必要など制限が多いのでチケットを印刷して持っていくことをオススメします。

※重要
日本のアプリストアだと「StubHub」の公式アプリがダウンロードできないみたいなので予め必ずプリントアウトして持っていってください。私の体験談としてモバイルアプリがなくてもスマホで上の画像を見せれば係員がどうにかしてくれましたが、全てのスタジアムで通用するとは限らないので。

あとは、スタジアムでチケットを係員に見せればメジャーリーグを見ることができます。

まとめ

  • StubHubでは手軽にメジャーリーグのチケットを購入できる
  • 必ず本家のStubHubで購入する
  • チケットは予め印刷して持っていく

今回は、オンラインでメジャーリーグのチケットを購入することができる「StubHub」についてまとめました。

オンラインで完結してしまうので日本ではあまり馴染みがないサービスだと思いますが、非常に便利なので是非、皆さまも使ってみてください。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告