世界最容量400GBのmicroSDをサンディスクが発表・販売へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

サンディスクは、現時点で世界最大容量となる400GBのマイクロSDXCカードを発表しました。商品名は、「400GB SANDISK ULTRA microSD UHS-I CARD」。

400GBの容量があったら写真なら32万枚、フルHDのビデオなら40時間保存できます。
転送速度は最大100MB/sで、1分間で1,200枚の画像データを転送できるそうです。

スマートフォンでアプリケーションをインストールし実行に適したスペックを持つSDカードが名乗ることができる「Application Performance Class 1(A1)」も準拠しています。

価格は、250ドル(約27500円)です。結構、強気な価格設定になっているため現在のところは、200GBのマイクロSDを2枚もしくは、128GBのマイクロSDを4枚、購入した方がお得です。

日本の発売は未定で、海外向けには、サンディスクの公式ページから予約することが可能です。

512GBのマイクロSD(価格は1000ドル)が今年中に出るとMicrodiaより発表されていましたが、どうなったかわからない状況なのでサンディスクの400GBのマイクロSDが世界最大容量であることが続きそうです。

同様にiPhoneユーザー向けにも外部メモリが発表されました。商品名は、「iXpand Base」。
容量は、32GB、64GB、 128GBです。価格はそれぞれ50ドル(約5500円)、100ドル(約11000円)、130ドル(約14000円)、200ドル(約22000円)です。

「iXpand Base」の1番の利点は、充電しながらバックアップが取ることができるので夜寝る前にセットして朝起きたら充電とバックアップができているということが可能です。

また充電も15Wの出力に対応しているので急速充電ができます。(iPhoneの付属の充電器は、5Wです。)

ちなみにバックアップできるのは、写真、ビデオ、連絡先などでアンドロイドと違いアプリのバックアップはできないので注意が必要です。

こちらも日本での発売は未定で、海外向けには、amazonで購入できます。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告