無料で独自SSLが利用できるレンタルサーバーまとめてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日のブログで今後、ブログ・サイトを作るならSSL化することは必須であると書きました。

SSLに対応していないブログ・サイト終了か?今後の動向を考える
対応策として

  1. 独自にSSL証明書を発行してもらう
  2. 無料で独自SSLが使えるサーバーに移転する

の2種類あります。前回は、1番の「独自にSSL証明書を発行してもらう」という方法を
実践して、このブログをSSL化しました。

今回は、2番の「無料で独自SSLが使えるサーバー」をまとめます。

無料で独自SSLが使えるサーバのメリット

まずは、無料で独自SSLが使えることが「独自にSSL証明書を発行してもらう」ということよりも優れている点を見ていきます。

導入するのが楽である

1番のメリットは、これだと思います。先日、私のブログをSSL化しましたが、意外と面倒くさいことが多かったです。例えばサーバー側に様々な設定をしたりしました。

しかし、もし借りたレンタルサーバーに標準で独自SSLが使えるサービスがあったら、サイト・ブログをSSL化する難易度がぐっと下がります。

更新する手間がいらない

このブログで利用しているSSL証明書は、「Let’s Encrypt」のもので無料で使える代わりに
3ヶ月に1度、更新手続きが必要になります。またレンタルサーバー側も1年に1度更新する必要があります。

もし、サーバ側で無料で独自SSLが提供されていたら、その手間が一切いらなくなります。
うっかり更新を忘れて独自SSLが失効するというミスも防ぐこともできます。

無料で独自SSLが使えるサーバー

今回、無料で独自SSLが使えるサーバーを紹介する条件として

  • 大手レンタルサーバー会社である(安定性のため)
  • 値段が安い
  • 導入が簡単である

という3つの条件をクリアしているものに限定しています。

エックスサーバー

エックスサーバーは、ブロガーやアフィリエイターに人気あるサーバーです。
稼働率99.9%という高い安定性と高速なサーバ環境を売りにしています。

マルチドメインは無制限でワードプレスが簡単インストールできる機能はもちろん、操作画面も使いやすく電話サポートやバックアップデータも過去7間に渡りしっかりと管理されています。

また、定期的に独自ドメインの維持費の無料キャンペーンをやっているので、その時に登録するのがオススメです。

値段は、月額900円より

エックスサーバー

ロリポップ!

ロリポップ!は、初心者にオススメのサーバーです。他のサーバーよりも価格が安いので初期費用が抑えられることがポイントです。

マニュアル類も充実しているのでWordPressの使い方はもちろん、ホームページの作り方も画像つきでまとめられているので非常にわかりやすいいです。

また定期的に初期費用が無料になるキャンペーンをやっているので、その時に加入することがオススメです。

値段は、月額250円より

ロリポップ!

Zenlogic

Zenlogicは、以前は「ファーストサーバー」という名前でしたのでそっちの名前を知っている方も多いのではないでしょうか。新たに名前を変えてリニューアルしました。

なんとボタンクリックだけで最大2TBまで容量を増やせたり(初期は300GB)、メモリ、CPUを自由に変更できたりします。過去になかった新しいサーバーです。

また、Yahoo! JAPANグループなので大企業ならではの安心・安全を売りにしています。

値段は、月額890円より

Zenlogic

mixhost

MixHostは、とにかく早さを求めたい方にオススメのサーバーです。
SSDを採用しており、容量が限られる代わりに高速性を提供しています。

また、WordPress向けに「LiteSpeed Cache」というサービスも提供しているのでWordPressの速度で悩んでいる方にもオススメです。

無料期間も30日間あるのでじっくりと検討することができます。

値段は、月額480円より

MixHost

スターサーバー

スターサーバーは、ネットオウルが提供するサーバです。
どのプランでも契約途中でプラン変更できるので、急にアクセスが増えた時などに対応が可能です。

また、他のレンタルサーバー会社同様にWordPressの簡単インストール機能なども備わっているので初心者にもオススメのサーバです。

値段は、月額250円より

スターサーバー

コアサーバー

コアサーバーは、値段と容量を重視したい人にオススメのサーバーです。
先日、大規模リニューアルを行い全サーバーSSD化やCPUやメモリの増強が行われました。

転送量の上限も無制限なので気にすることなく画像やファイルのアップデートや削除が行なえます。

今後、注目のサーバーとなっています。

値段は、月額198円より

コアサーバー


今回紹介したサイト一覧

会社名 初期費用 月額 容量
コアサーバー 0円 198円 60GB
ロリポップ! 1500円 250円 50GB
スターサーバー 1500円 250円 50GB
MixHost 0円 480円 10GB
Zenlogic 0円 890円 300GB
エックスサーバー 3240円 900円 200GB

「ロリポップ」「スターサーバー」は、全く同じだったので年会費無料キャンペーンを頻繁に行っているロリポップを上にしました。

月額の安い順に並び替えてみました。やはり、「コアサーバー」がダントツで安かったです。
「エックスサーバー」は、月額と初期費用共に他よりも高めの設定ですが、安定性・速度・サポート体制を踏まえると十分満足できる価格設定だと思います。

まとめ

独自SSLは、Googleの動向を見る限り、今後は必須のものとなってくるので今からサイトを作る人やサーバーが独自SSLに対応していない方は、上記の6社がオススメです。

今回、自分でブログをSSL化してみて、やはり大変だったので初期から独自SSL化しておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告