留学して3ヶ月経って恋しい日本食5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも、あやせです。トロントに留学して3ヶ月が経ちました。

来る前は、日本の料理なんて恋しくなるはずがないと思っていました。

(ハンバーガーとピザを食べれば行きていけるだろう思考)

それでレトルトのものなども最小限に持っていきました。しかし、、、、、、、、

これが大きなミスでした。本当に日本の食べ物食べたい。1ヶ月目ぐらいから

その症状が現れはじめ今では、自炊するときには、なるたけ日本でも作っていた

ものを再現できるように日系・韓国系スーパーで買い物をしています。

そんな私が選ぶ、トロントでは食べられないけど、恋しいものまとめです。

蕎麦

日本人といえば蕎麦であるということが実感しました。ラーメン、パスタじゃだめなんです。

蕎麦なのです。実際、韓国系スーパーでは、乾麺の蕎麦が買えますが、美味しくないので

やっぱり日本の手打ちの蕎麦が食べたいです。立ち食い蕎麦でもいいです。

牛丼

ご飯に牛肉のせてるだけだろーと思っている方その通りですが、こちらの肉ってブロック肉が

主流でバーベーキューでもその肉をそのまま焼きますし、日本の薄っぺらい肉なんて

売ってないんです。しかし、それが恋しい。あの甘ダレに染みた肉とご飯。もう忘れられません。

からあげ

日本では、あんなにメジャーであった唐揚げもこちらでは、食べられません。

こちらでは、鶏肉ってケンタッキーみたいな骨付きの肉がほとんどなんです。

でも、フライドチキンと唐揚げは違いますよね。あのレモンをかけて

カリッと揚がった唐揚げ、忘れられません。

二郎系ラーメン

決してふざけているわけではありません。油っぽいものなら、こちらにだってたくさんあります。

しかし、あのもやしの山にドロドロの汁そして中太の麺を超えるものはありません。

意外とジャンクフードであると思った二郎系ラーメンもこちらでは、

ありません。バンクーバーにはあるみたいなので、そのうちできることを願ってます。

日本のパスタソース

日本のパスタソースは本当に偉大です。あんなに種類があるなんて。

こちらでは、基本的にトマト系のソースしかありません。

カルボナーラなんて作るのは、当たり前じゃないみたいです。

日本からいっぱい持ってくればよかったと後悔。

日本のパスタソース輸出したら、絶対に儲かると思うのは、私だけでしょうか。

番外編:納豆

納豆は、なんとこちらでも買えます。

恐らく買えなければ食べたくなっていたでしょうが、買えるので今回は、除外しました。

しかも値段も普通の3パック入りで$1.7とまぁまぁ安い。

最近は、毎日欠かさず食べています。

以上です。いかがだったでしょうか。留学する前の準備の参考にしていただければ

幸いです。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告