留学するか悩んでいる君へ5つのアドバイス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あやせです。カナダに留学してから3ヶ月が経ち留学というものがある程度見えてきたので

今回は、留学しようか悩んでいる方に少しでもアドバイスできたらと思っております。

1.全てから英語が学べる

これは、自分が英語圏に留学しているから英語が学べると書いていますが、

もし貴方が韓国に留学したならば韓国語が全てから学べます。

例えば、トイレに行きたい時でも日本なら「トイレはどこですか?」と日本語で聞けばいいのですが、

カナダだとそうはいかない。もちろん、英語で「Where is the washroom?」と聞く必要がある。

これって凄い重要なことで日本にいた時は、3時間英語の勉強をしたら、それで終了であった。

しかし、カナダでは全てが勉強。周りには外国人しかいないので貴方が望むなら24時間勉強できるのだ。

2.多国籍の友だちができる

これも当たり前のことですが、外国人の友達ができます。

私は、ここ3ヶ月で、カナダ、メキシコ、韓国、中国、台湾、ブラジル、ボリビア、

エクアドル、ベルギー、ベトナム人の

友達ができました。日本にいたときには考えられないことです。

また、これは4.にも被ることなのですが、やはり育った環境が違うと全く違う考えを持つということを

改めて認識しました。

3.忍耐力がつく


忍耐力は半端なくつきます。電車なんて時刻表がないのが当たり前で30分来ないと思ったら3台続けてきたり

なんて当たり前。

しかし、誰も怒りません。日本なら間違えなく会社にクレームがいくでしょう。

また日本語ではわかっていても説明できない。そのもどかしを度々感じることもありますし

生活全般(食べ物、住まい)で日本と大きく違うので苦労しますが、結局は我慢するしかない。

本当に忍耐力はつきます。

4.価値観が変わる


もはや書くことでもないのですが、留学すると価値観が大きく変わります。

例えば、日本で当たり前だと思っていた空気を読むということが、

こちらでは、当たり前ではなく、主張しないもに権利はないということ。

いかに日本の教育が偏ったものかということを再認識しました。

5.日本の素晴らしさを再認識する


なんといっても私が育ってきたのは、腐っても日本なのです。

電車は時刻通りに来るし、安全だし、接客は丁寧。

今まで日本にいた時は、全く気づかなかった日本の素晴らしさというものを

留学することで初めて知ることができました。

以上です。短期間でもいいので是非、海外に触れて客観的に日本を見てほしいです。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告