Airbnbとは?実際に使ってみた感想をレビュー【危険性・トラブル】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

皆さんが旅行に行く際には、ホテルに泊まることが多いと思います。
私も以前はそうでした。しかし、最近は、専ら「Airbnb」で宿を探して泊まることが多いです。「Airbnb」という名前は聞いたことがあるけど良くわからないという方のために今回は
「Airbnb」について1からまとめました。

※最後にクーポンの貰える方法もあります。

Airbnbとは?

「Airbnb」とは自分の家の余った部屋などを貸して欲しい人に提供し、その分の代金を受け取るというサービスです。簡単に言うと、自分の家に部屋が余っている!勿体無いから誰かに貸したい!そんな時に仲介してくれるのが「Airbnb」です。

「Airbnb」では、こんな部屋に泊まることができます。
今までは、余った部屋がある=無駄という概念を覆したのが「Airbnb」の登場でした。

Airbnbのメリット

余った部屋を借りることができる「Airbnb」では、様々なメリットがあります。
今回は、3つ紹介します。

ホテルよりも安く泊まることができる

1番の魅力は、やはりホテルよりも安く泊まることができるといことです。

先日、家族がトロントに来たので手配した部屋は、3人で5日で8万円ぐらいでした。
一軒の家をまるまると貸し切って8万円ですので、相当安いです。
ちなみに、ホテルで宿泊すると12万円ぐらいなので4万円得したことになります。

余っている部屋を貸し出すのと一切のサービスはないので、ここまで安くできるのかなと思いました。

自炊することができる

ホテルに泊まるとキッチンがないのが普通ですが、「Airbnb」の場合には、普通の家を借りるので大抵の場合は、キッチンがついています。もちろん、キッチンも無料で使うことができます(フライパンや包丁なども自由に使える場合もある)ので自炊することが可能です。

2、3日なら外食してもいいですが、1週間ぐらい毎日外食だと流石に金銭的に辛くなってきます。トロントの場合だとラーメン1杯食べるだけでチップ込みで15ドルぐらい普通に行くので自炊ができるのは本当に助かります。

また、冷蔵庫・冷凍庫も自由に使うことができるので非常に便利です。

文化に触れることができる

ホテルだと、どうしても世界的にサービスは統一になりがちですが、「Airbnb」で部屋を
借りれば現地の文化に触れることが出来ます。例えば、日本の家の場合には、土足禁止ですし、畳など日本オリジナルの内装がありますが、ホテルだとそういうものがないので海外から来る人は日本の畳の部屋に泊まることにより日本の文化に触れることが出来ます。

Airbnbって危険じゃないの?

人の家に泊まるので危険なんじゃないのかと思う方もいるかも知れません。
確かに完璧に安全とは言い切れませんが、「Airbnb」のホストになるのには、それなりの
審査がありますし、泊まる方にもパスポートの登録などが求められているので現時点での
安全性は保たれていると思います。

また、家やオーナーのレビューを見ることができるので、あまり低いレビューのオーナーからは、借りないという選択をすることもできます。

Airbnbで実際に泊まる方法を解説します。(英語圏)

まずは、「Airbnb」のサイトに行きます。

そうしたら「いく場所」「日程」「人数」を入力します。
ちなみに「部屋タイプ」では、貸し切り・個室・シェアルームを絞り込む事ができます。
「フィルター」では寝室の数・ベットの数・バスルーム・アメニティなどを絞り込む事ができます。

気になる部屋があったらクリックして詳細を見ましょう。


「リスティングについて」以外の項目は、日本語で書かれているので、恐らく大丈夫でしょう。「リスティングについて」の部分に関しても上に「日本語で読む」というボタンが有り
グーグルの自動翻訳で日本語に訳してくれるので、ある程度は理解することができます。

気に入った部屋があったら、右の「予約する」を押して、確認事項などを呼んで予約完了となります。ここで注意したいのが、「予約する」ボタンと「予約をリクエスト」ボタンの2種類あるということです。前者は、無条件で予約できますが、後者はホストに承認を受けてからの
予約となります。

英語があまり得意でない人は前者の部屋で予約することをオススメします。
後者だと自分の旅の目的などを明確に述べる必要があります。(人の家に泊まるので軽い審査みたいなものだと考えてください。)

予約ができたらオーナーに挨拶の文を送りましょう。

Hi 〇〇, my name is 〇〇.I am going on a trip to 〇〇.

ぐらいの簡単な文で大丈夫です。恐らく相手からも同じような文が返ってきます。
オーナーに必ず聞かなければならないことは、「チェックイン・チェックアウトの方法」です。これも How do I check in/out? と聞けば丁寧に教えてくれます。

ちなみに私が泊まった時のチェックインの方法は、封筒に鍵を入れておいてくれる人、
電話して鍵を渡しに来てくれる人など様々なので必ず聞きましょう。

これで無事に完了です。困ったことが有ったら直ぐにオーナーに連絡しましょう。
大概のオーナーは優しく回答してくれます。

まとめ

ホテルに比べて泊まる方法は、少し厄介ですが、その分安く泊まることができるので
海外にいくときには1つの選択節として「Airbnb」を検討してみてください。

今なら下のリンクから予約していただくと4351円の割引になるクーポンが貰えますので
是非、以下よりご予約ください。

Airbnbでの予約はこちらから

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告