Amazonプライム会員とは?特典やメリットを徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

皆さま、「amazonプライム」というのをご存知でしょうか。
恐らく大半の方は知っているでしょう。知らない方のために「amazonプライム」
解説からしていきます。

amazonプライムとは?

「amazon」が提供する有料会員サービスです。年会費は、3900円です。

高いと思われた方、ちょっと待って下さい。
なんとも言い難い価格設定ですが、実はこれはめちゃくちゃ安いです。
詳しい特典について解説していきます。

amazonプライムの特典

お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題

amazonで注文すると通常ですと1日から2日ぐらい掛かります。

でも、ほしいものは、すぐ欲しいものです。そこで頼んで次の日、または、当日に届かせるようにするのには、有料の「お急ぎ便」にする必要があります。
また、お届け日を指定するのも通常ですと有料です。

しかし、「amazonプライム会員」になると、これらが何回でも無料になります。

配送オプション 配送料
お急ぎ便 360円(税込)
当日お急ぎ便 514円(税込)
お届け日時指定便 360円(税込)

これが何度でも無料です
年に10回以上、「amazon」で注文する人は、絶対に加入した方がいいです。

しかし、大半の方は、そんなに「amazon」で注文しないでしょうし、注文しても当日に
来なくてもいいと思います。昔の「amazonプライム会員」の特典は、これだけでした。
それなので全然、オススメじゃなかったのですが、今は一味違うので「amazon」
あまり注文しない方でも大丈夫です。

amazonプライムビデオで映画もTV番組も見放題

次に紹介したいのが、「amazonプライム」の1番の目玉だと思う「amazonプライムビデオ」です。Netflixやhuluなどの動画をストリーミング配信しているサイトと同様に
「amazonプライムビデオ」でも人気映画・ドラマ・アニメが見放題です。

サイト名 月額 ラインナップ数
amazonプライムビデオ 325円 約2.3万作品
Netflix 650円 約1万作品
Hulu 933円 約3万作品

どうですか?他のストリーミング配信サイトと比較しても値段、ラインナップ数ともに
負けていないと思います。しかも、これが「amazonプライム」という会員サービスの
一部ですから、いかに凄いかわかります。

番組の質だって負けてはいません。

まずは、「amazonプライムビデオ」の顔であるオリジナル作品

松本人志、千原ジュニア、今田耕司などなど数々の有名人がオリジナル作品に出演されています。またアニメでは、クレヨンしんちゃんがオリジナル作品としてあったりと結構豊富です。

次は、人気作品です。ビリギャル、スパイダーマン、ドラえもん、ミッション・インポッシブルと有名な作品が数々あります。

海外ドラマもたくさんあります。プリズン・ブレイク、24、gossip girlなどなど。

子ども向けの作品もかなりあります。大人だけでなく子どもでも十分楽しめます。

「amazonプライムビデオ」が始まってレンタルショップに行く機会が激減しました。
もちろん、「amazonプライムビデオ」にない作品もありますので、レンタルショップと
併用して使うと最強です。

プライムミュージックで100万曲以上が聴き放題

これは、先ほどの「amazonプライムビデオ」の音楽版です。
100万曲以上の楽曲が無料で聴けます。他の定額制の音楽配信サービスと比べると楽曲数は
劣りますが、有名な楽曲は、十分カバーしています。

ブルーノマーズ、ジャスティン・ビーバー、マルーン5と洋楽で有名な歌手の楽曲は、
普通にあります。

J-POPでも、きゃりーぱみゅぱみゅ、スピッツ、槇原敬之、グリーと有名な楽曲は、ある程度カバーしています。


「Amazon Music アプリ」もあり、スマホで音楽を聞くことも可能です。
また、楽曲をダウンロードできるのでオフラインで再生も可能です。

しかし、先ほども述べた通りApple musicやAWAなど他の定額制の音楽配信サービスと比べると劣るので「amazonプライム」のオマケとして考えていただければ十分楽しめます。

それなので私が「プライムミュージック」で本当にオススメしたいのが「プライムラジオ」です。

これは、「プライムミュージック」にある楽曲をラジオ方式で再生してくれるサービスです。

ブログを書いたり、勉強したりする時にYoutubeをBGMとして再生していていいのですが、
Youtubeだと広告や変な動画に飛ばされたりと作業に集中できないことが多々あります。
しかし、「プライムラジオ」では、そんな心配もないので作業に集中することができます。

もちろん、ラジオといっても嫌いな曲はスキップできます。
J-POPやRockや1960年台の曲などターゲットを絞ることもできます。

Kindleオーナー ライブラリーで毎月1冊無料

「Kindle」を持っていない人には関係ない話ですが、Kindleユーザーには毎月本が1冊貰えるという非常に有り難いサービスです。60万冊の洋書と2万冊の和書の中から自由に選べるので
有名な本もたくさんあります。

ちなみに私は、今月は「夢をかなえるゾウ」にしました。

amazon kindleのレビューは以下をご覧ください。
結局、amazon kindleは購入すべきなのかどうか【比較】

「Kindleオーナー ライブラリー」は、Kindleを持っていることとamazonプライム会員であることが条件なのでスマホのアプリのKindleでは対象外なのでご注意ください。

プライムフォト・amazon driveが使える

「プライムフォト」は、ネット上に写真を保存できるサービスです。
「amazonプライム会員」は、無制限で無料で使うことが出来ます。
ネット上に保存した写真は、スマートフォン、タブレット、パソコンからアクセスできます。
スマホやタブレットの容量が少ない人には便利なサービスです。

アプリを入れておけば自動でバックアップしてくれるのでスマホを紛失したときでも
写真だけは復元することができます。

先ほどの「プライムフォト」は、写真だけでしたが「amazon drive」は、写真を含む様々な
ファイルをアップデートすることができます。「amazon drive」の便利なところは、保存したものを共有できることです。

例えば、旅行に行ったときなどに撮った写真を「amazon drive」に保存して共有を許可すれば友達みんなで写真を共有することができます。

学生なら年会費1900円+2000円のクーポンプレゼント

お金のない学生でも大丈夫です。なんとamazonが学生向けに行っているサービスの
「amazon student」では、無料体験6ヶ月+年会費1900円+2000円クーポン
貰えます。つまり、1年半は、無料で「amazon prime会員」と同質のサービスを受けることができます。学生が優遇されすぎな気がしますが、学生の皆さんは、この機会をお見逃しなく。

まとめ

いかがだったでしょうか。これで年会費3900円です。月額では、400円です。
「プライムビデオ」だけでも十分元が取れそうなサービスです
しかも、年会費が3900円というのは、日本だけです。

価格
日本 3900円(年会費)
アメリカ 約11000円(年会費)
カナダ 約7000円(年会費)
中国 約6200円(年会費)

世界のamazonと比較して日本だけ以上に安いことがわかります。
入会しても1ヶ月は無料なので一度是非、体験してみてください。
登録は、こちらから行えます。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告