Appleが「W1」を搭載したBeats Studio3を発表!10月中旬より3万4800円で販売開始へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Appleの子会社のBeats By Dr. Dreが新しいBluetoothヘッドフォン「Beats Studio3 Wireless」を発表しました。価格は3万4800円。10月中旬より順次出荷されます。
予約はApple公式サイトでできます。

ご覧の通り(左が前モデル、右が最新モデル)新しい「Beats Studio3 」は、前モデルと見た目や触り心地に大きな変化はありませんが、内部の性能が大きく進化しました。

AppleのBluetoothイヤフォン「AirPods」で使われている「W1」プロセッサを「Beats Studio3 」にも搭載することによりバッテリーの性能が大きく向上しました。

具体的には、前モデルでは、バッテリーの駆動時間はノイズキャンセリングをオンにした状態では12時間、オフにした状態で20時間でしたが、今回のモデルでは、ノイズキャンセリングをオンにした状態で22時間、オフにした低電力モードでは40時間も持ちます。

新しく「Fast Fuelテクノロジー」という急速充電の技術も導入され10分の充電で3時間の再生が可能となりました。

またiPhoneやMacなどのApple製端末でストレスなく切り替えることができるようになったり、通話やSiriによる音声命令の入力もできるようになりました。

さらに人間工学に基づく、デザインがされているので頭の大きさ、髪、メガネ、耳の形や頭の動きに合わせて柔軟にフィットします。

ライバル製品のSONY「MDR-1000X」と比較

次にライバル製品で「Beats Studio3 」と競合するであろうソニーの「MDR-1000X」と比較します。

商品名 Beats Studio3 MDR-1000X
価格 34,800円(税別) 36,880円 (税別)
電池持続時間 最大22時間(NC ON時)、最大40時間(NC OFF時) 最大20時間(NC ON時)、最大22時間(NC OFF時)
重さ 260g 275g
充電時間 10分3時間(満タンまで2時間弱?) 約4時間
カラー 6色 2色

※NCとはノイズキャンセリング機能のこと。

このように比較すると、全体的に若干、「Beats Studio3 」が勝っている感じです。
ただソニーの「MDR-1000X」は、昨年出たモデルなので、もし次のモデルが出ると「Beats Studio3 」以上の機能が期待されます。

どちらを購入するか悩んでいる方は、実際に家電量販店などで音質やフィット感などを確かめて購入されるのが良いと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告