LINEモバイルに変えたので速度・料金をまとめてみた【評判】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

皆さま、スマホの契約は、どちらでされていますか?
今回、紹介するLINEモバイルをはじめ格安SIMを利用している人の割合は約7.5%らしいのでほとんどの方が、まだ大手3社(ドコモ・au・ソフトバンク)を利用しているようです。

私も以前は、auで回線を契約していたのですが、ここ最近のMVNOの盛り上がりをみて変えてみようと思い違約金を払って「LINEモバイル」にしてみました。

今回は、auとLINEモバイルを比較してまとめます。

auとLINEモバイル値段の比較

LINEモバイルのがauよりも安いのは、当然だとして実際にいくらぐらい安いのかをまずは検証してみようと思います。

容量 au LINEモバイル
3GB 月額4980円 月額1690円
5GB 月額5980円 月額2200円
7GB 月額6980円 月額2880円

※auは、2年契約(誰でも割)適用時、LINEモバイルは、音声通話SIMプラン

auは、ネット回線と同時契約で安くなる「auスマートバリュー」や機種変や他社からの乗り換えで安くなる「ビッグニュースキャンペーン」などで少しは安くなりますが、これらのキャンペーンに該当していない場合は、
au→ピタットプラン(シンプル)で年間59760円(3GB)
LINEモバイル→音声通話SIMプランで年間20280円(3GB)

です。差額は、39480円です。

auの2年契約で途中の解約時の違約金は9500円ですので、それを差し引いてもLINEモバイルの方が断然安いことがわかります。

またLINEモバイルは、「コミュニケーションフリープラン」と呼ばれるLINE、Twitter、Facebook、Instagramの利用時は通信量にカウントされないプランですのでさらにお得なことがわかります。

しかし、本当にお得なことばかりなのでしょうか?

次は、通信速度について検証してみます。

au VS docomo VS LINEモバイルで速度バトル

LINEモバイルは、一応、docomoの回線を使っています。しかし、そこは格安SIMなので速度は、本家よりは出ないのは当たり前ですが、日常生活に支障をきたすほど速度が遅くては、安い意味がありません。

今回は、実際にどれくらいの速度が出るのか「BNRスピードテスト」を使って下りの速度を測ってみようと思います。

※条件として上記のサイトを使って5回測定し、一番早いものを記録とします。

Softbankの光回線(家のインターネット回線)

平均:11.73Mbps

Wimax 2

平均2.67Mbps

au

平均:8.69Mbps

Docomo

平均:7.51Mbps

LINEモバイル

平均:641Kbps

以上のような結果になりました。全て同じ場所です。
Docomo回線を使っているはずのLINEモバイルですが、約10倍もDocomo回線のほうが
速いという結果になりました。

LINEモバイルは、遅いのか?

速度だけを見るとDocomoやauにぶっちぎりで負けているLINEモバイルですが、確かにサイトを読み込む速度は遅い気はしますが、支障をきたすほどではありません。

Youtubeの読み込みも滞りなく行うことができます。

そもそも高速通信を行いたい場合には、Wifiの環境下で作業を行えばよいだけですのでLINEモバイルを使っていて不快に思うことは今のところありません。

まとめ

LINEモバイルに変えて1週間ほどですが、今のところ不快に思ったことはなく、Docomoの回線を使っているので繋がらないというジレンマもありません。

値段を見ても半額以下になるので大手キャリアからLINEモバイルのようなMVNOに移行しない手はないと思います。ただ大手キャリアを契約月以外で解約すると違約金が掛かるので契約月が近い方は、それまで待ったほうが良いと思います。

LINEモバイルの移行の手続きも公式サイトに詳しく記載されていますので初心者でも簡単に行うことができます。

契約や詳しい情報は以下のリンクより。

LINEモバイル

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告