WordPressでSSL化する方法を1から徹底解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

前回の記事でサーバ自体は、無料でSSL化することはできました。

無料のSSL証明書をインストールしたので方法をまとめてみた 【Let’s Encrypt】

しかし、これでは不十分で、まだまだやらなければいけないことが、たくさんあります。

バックアップをとっておこう

まず、初めにバックアップを必ずとるようにしましょう。万が一設定をミスして今まで大切に育ててきたブログが一瞬で消えたら悔やんでも悔やみきれません。

バックアップは、「Updraft Plus」がオススメです。
バックアップの手順は、「Updraft Plus」を新規追加して「Updraft Plusの設定」→「今すぐバックアップ」でバックアップができます。

WordPressの設定からURLを変更しよう

WordPress管理画面の左のメニューから「設定 」→ 「一般」にいきます。

そうしたら「WordPressアドレス」「サイトアドレス」を変更してください。
変更が終わったら「設定を保存」を押して完了です。

「http→https」の301リダイレクト設定しよう

「http→https」にサイトアドレスを変更したので、その旨を「.htaccess」に書き込む必要があります。これによって検索エンジンの評価が引き継げたり、「https」「http」のコピペではないと認識してもらいます。

FTPでサーバーに接続して「.htaccess」を1度ダウンロードしてください。
私のコアサーバーの場合には、「/public_html/ayaseaya.xyz」の中にあります。

「.htaccess」をダウンロードしたらメモ帳で開きましょう。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://あなたのサイトのURL.com/$1 [R=301,L]

これを最初にコピペするだけです。

コアサーバーの場合には、このようになっていればOKです。
そしたら、先ほどと同じところにアップデートしましょう。

これで「.htaccess」の設定は終了です。

内部リンクを「Search Regex」で書き換えよう

過去に書いた記事で「http」から始まる内部リンクがあるとエラーが出てしまうので書き換える必要があります。しかし、1つ1つ修正していくのは面倒くさいし、非常に時間が掛かります。
そこで今回使うのが「Search Regex」というプラグインです。
これは、指定した文字列を一括変更してくれるという非常に便利なプラグインです。

先ほどと同じように「プラグイン」→「新規追加」から「Search Regex」をインストールしてください。

インストールできたら管理画面のサイドメニューから「Search Regex」を開いてください。

「Search pattern」「http://www.ayaseaya.xyz/」(SSL化する以前のURL)
「Replace pattern」「https://www.ayaseaya.xyz/」(SSL化以後のURL)を入力します。他は、このままの設定で大丈夫です。

そうしたら「Replace」を押して一度確認してみます。

薄緑色になっているのが、置き換え前で、赤?ピンク色?になっているところが置き換え後です。
置き換え前が、「http」から始まるか、置き換え後が「https」から始まるか、
URLに不審な点はないかなど確認してください。

確認ができたら「Replace & Save」を押してください。
これでURLの変更は終了です。

自分のサイトを確認しよう

今までの行程でサイト自体・WordPressの設定は終了です。
一度、自分のサイト・ブログを確認してみてください。

グーグル・クロームの場合には

「保護された通信」と表示されれば正常に設定が終了したということです。

「!」が表示された場合は、どこかでエラーが起こっているので詳しく調べる必要があります。
エラーが起きているページで「F12」キーを押して開発者ツールを開きます。
「Console」のタブを開くとエラーの内容が表示されます。

このように具体的に、どの画像でエラーが起きているかわかります。

この場合は、サイドメニューの画像のパスが「http」のままだったので起こったエラーでした。他にも、プラグイン、WordPressのテーマなどでエラーが起きる可能性がありますので
1つ1つ解消しましょう。

その他の設定の変更

ブログ・サイト自体の設定は終了しましたが、今度は、それに紐づけされている
「グーグル・アナリティクス」「グーグル・サーチコンソール」の設定を変更する必要があります。

グーグル・アナリティクスの設定

まず「グーグル・アナリティクス」を開きます。
サイドメニューの「管理」「プロパティ」を開きます。

「デフォルトのURL」の項目を「http」から「https」に変えます。

同様に「ウェブサイトのURL」の項目を「http」から「https」に変えます。

これで「グーグル・アナリティクス」の設定は終了です。

グーグル・サーチコンソールの設定

ここで残念なお知らせなのですが、「グーグル・サーチコンソール」の場合には、
「グーグル・アナリティクス」のように簡単に変更ができません。

一度、古いサイトの情報を削除して新規で登録し直す必要があります。

それなので今回は、割愛させていただきます。

まとめ

いかかだったでしょうか。これで自分のサイトがSSL化したことになります。

しかし、Googleのクロールが同じサイトだと認識するまでに少し時間がかかるなど
完全に今まで通りとは言い切れないので、今後もこまめにチェックが必要になります。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告